エアコンは室内機と室外機がありますので、壁に穴をあけて配管をつなぐ必要があります。一般的に露出配管と呼ばれる方法でつながれており、この場合は配管が丸見えになってしまうのです。この配管の露出を避けるため、隠蔽配管と呼ばれる方法もあります。

隠蔽配管とはエアコンの室内機の裏側に穴をあけるもので、これによって配管を隠すことが出来るのです。そして、隠蔽配管は壁や天井裏の内部で配管が折り曲がっているため、室外機側の配管の露出も最小限に抑えることが出来ます。

隠蔽配管とは、エアコンの配管を壁の中や天井裏の内部に隠し、外から配管が見えないようにする施工方法です。

隠蔽配管をするには二種類の方法があり、ひとつは住宅を建てる段階から壁の内部にエアコンの配管を通しておく方法で、もうひとつは住宅を建てた後にエアコンの配管を通すという方法です。このようなエアコンの隠蔽配管ですが、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。それらを理解した上で隠蔽配管を行いましょう。こちらでは隠蔽配管に関する詳しい解説をいたします。

隠蔽配管のメリットについて

エアコンエアコンは専門業者によって取り付けてもらう必要がありますが、その取り付け方法のひとつに隠蔽配管があります。隠蔽配管とはエアコンの室内機の裏側の壁に穴をあけ、そこから配管を通すという方法です。この隠蔽配管最大のメリットと言えば、配管が見えなくなるということでしょう。配管が丸見えになってしまうとどうしても見苦しくなってしまい、美観を損ねてしまうのです。

標準のエアコン取り付け工事では配管テープで巻かれた状態なので、配管が丸見えになります。そのため、オプションで化粧カバーを取り付けることが出来ますが、それでは追加費用がかかってしまうのです。しかし、隠蔽配管であればその心配がありません。

そして、隠蔽配管の場合はエアコンを好きな場所に設置出来るというメリットもあります。窓側に設置することも多いエアコンですが、隠蔽配管であればそれ以外の場所にも設置可能です。天井埋込み式であれば壁のスペースも必要ありませんので、より自由に取り付けが出来ます。

隠蔽配管のデメリットについて

隠蔽配管は配管が見えなくなることから外観を良くすることが出来ます。そのほかに室内機の設置場所の自由度がアップするなど、隠蔽配管はメリットばかりのように思えますがそのようなことはありません。デメリットもありますので、それを理解した上で隠蔽配管を導入しましょう。

何より隠蔽配管は壁に配管を埋め込みますので、どうしても工事費用が高額になってしまいます。そして、設置の自由度が向上しますが、配管が長くなってしまうとそれに合わせて費用も高くなってしまうのです。そして、エアコンによっては除湿だけでなく加湿も出来る機種がありますが、こういったエアコンは配管が2本必要になりますので、より工事費がかかってしまいます。

さらに、配管にトラブルが起こってしまうと、隠蔽配管の場合は故障部分を探すことが困難です。壁を壊して修理をする必要がありますので、手間だけでなく修理費用も高額になります。メリットだけでなく、これらのデメリットも理解した上で隠蔽配管を行いましょう。

隠蔽配管を再利用する場合

これまでに隠蔽配管によるエアコンを使用していた家庭で、エアコンを新しくすることもあるでしょう。そこで、再び隠蔽配管でエアコンを取り付けるにはどうしたら良いのでしょうか。そこで必要になるのが配管の洗浄です。エアコンは冷媒ガスを使用することで部屋を涼しくしていますが、古いエアコンと新しいエアコンでは冷媒ガスの種類が異なります。そのため、同じ配管を洗浄せずに使用すると、不純物が生成されることもあるのです。この不純物はエアコンの故障の原因になってしまいます。

特に2012年以前に製造されたエアコンは注意が必要です。現在最も使用されている冷媒ガスはR32と呼ばれているものですが、2012年以前は別のガスを使用していました。そのため、不純物が生成される恐れがあるのです。

冷媒ガスについてはエアコンの説明書に記載されていますが、取り付け業者に確認してください。また、配管の洗浄には2万円から5万円かかりますので、事前に見積りを出してもらいましょう。

配管の交換について

隠蔽配管は配管の洗浄を行うことで再利用が出来ますが、場合によっては再利用が出来ないこともあります。配管のヒビ割れやキズ、配管の太さの違いなどがあると出来ないのです。しかし、そこであきらめることはありません。配管を交換することで再び隠蔽配管が再利用出来るのです。

2分3分配管であれば1メートルあたり3000円~、2分4分配管であれば1メートルあたり4000円~となっています。また、エアコンの冷媒ガスによっては配管の洗浄が必要になりますが、配管交換の方が安くなることもありますので配管交換も検討しましょう。

また、エアコンの取り付け工事は専門業者に依頼するため、一般の方にとって分からないことだらけです。そのため、どの業者も事前の現地調査を行いますが、そこではどのような工事を行うのか確認をしましょう。そして、必ず見積りを出してもらってください。追加工事が必要な場合は追加費用が発生するので、より見積りが重要になるのです。

まとめ

エアコンの取り付け方法のひとつに隠蔽配管があります。これはエアコンの室内機の裏側の壁に穴をあけて配管を通し、これによって配管を見えなくさせることが出来るのです。一般的な取り付けでは配管が丸見えになって見栄えが悪く、追加工事で化粧カバーを取り付けるなどの対策が必要でした。しかし、隠蔽配管であればその心配がありません。

しかし、隠蔽配管は壁の中に配管を通すため、工事がどうしても高額になってしまうのです。配管トラブルが起こった場合は壁を壊す必要があるので、手間と修理代がかかります。これらのデメリットを理解した上で隠蔽配管を行いましょう。

そして、隠蔽配管で取り付けたエアコンを新しくする場合、冷媒ガスの違いに注意しましょう。年代によってエアコンの冷媒ガスが異なるので、場合によっては不純物が生成されることもあるのです。そのため、隠蔽配管を再利用する場合は業者に配管の洗浄をしてもらいましょう。

Pocket